難消化性デキストリンの解説

ホーム>難消化性デキストリン

難消化性デキストリン

難消化性デキストリン

馬鈴薯デンプンから作られる極めて安全性の高い食品素材

 特定保健用食品素材としても使用

馬鈴薯デンプン

難消化性デキストリンは、加熱処理した馬鈴薯デンプンをアミラーゼで加水分解し、未分解物より難消化性成分を分取して脱塩、脱色して調製される水溶性食物繊維です。デキストリンは構成糖がD-グルコースで、古くから食品に利用されて食経験も十分にある極めて安全な食品素材です。事実、FAO/WHOにおいては1日摂取許容量の上限値を明確に定める必要がない極めて毒性の低い食品素材として分類されています。また、難消化性デキストリンにはミネラルの吸収阻害がないことも確認されています。

難消化性デキストリンは、安全性のみでなく、低粘性、低甘味、熱および酸に対する安定性、保存性などの物性にも優れているために広範囲の食品への応用が可能です。また、生理作用についても確認されており、整腸効果、血糖調節効果については厚生労働省が一定の機能表示を許可する特定保健用食品の関与成分として利用されています。


歯周病治療に最適、自動的に歯垢を取り歯茎を磨き血行を良くする専用マシーンはアマゾンで購入!


歯医者さんが患者さんにススメル、自宅で歯周病治療するならアマゾンで購入!


スポンサード リンク

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional